iseminar.net アイセミナー 関西眼疾患研究会

  1. 網膜硝子体・ぶどう膜炎
  2. 手術ビデオ
  3. PDR 27GPPV

当サイトは会員の方のみ閲覧いただけます。

Posted Mar 2014
1841 Views
術者のコメント
血管新生緑内障に対するTLE術後のため、鼻上側に濾過胞がある。濾過胞を温存するために、トロッカール留置の位置を鼻下側、耳下側、耳上側に設定している。また、ゲージの選択は術終了時に強膜創および結膜の縫合が必要となる可能性を最小に抑えるために27Gを選択している。(実際には無縫合で終了)
増殖膜の処理も27Gシステムで全く問題なく施行可能であった。