iseminar.net アイセミナー 関西眼疾患研究会

  1. 角膜
  2. 手術ビデオ
  3. 深層表層角膜移植

当サイトは会員の方のみ閲覧いただけます。

Posted Jul 2018
216 Views
疾患名:右)格子状角膜ジストロフィー

 この方は、格子状ジストロフィー3型で1年前にもう片眼のDALKを行われ、今回もう片眼を同様に行った。7.5mmのトレパンで8回転させ、そこの最も深い部分に小さなトンネルをつくり、そこからdouble bubble法を行った。前房内に入れてあったエアーは完全には周辺には圧排されなかった。その為、表層の角膜を切除し、鏡面反射法で12時の位置にトンネルをつくり粘弾性物質を入れた。一部はデスメ上に入った様であったが大きなスペースは作成出来なかった。その為、表層剥離刀とカッチン剪刃で切除を進めて行ったところ、前房内の様子が見えるようになり、前房内のエアーとは別にもう一つエアーが角膜中央部に直径6mm程度あることが分かった。更に切開を進めて行ったところ、先程のエアーが出てきたが前房内のエアーはそのままであり、始めのbig bubbleで形成されたエアーがデスメ上に入っていたものであることが判明した。そこを起点にして実質の切除を行ったところ、全周に亘り完全なデスメ膜を露出させることが出来た。7.75mm径のgraftをデスメを取り、乗せ、型の通り4針の端々縫合と24針の連続縫合を行った。術終了時、前房は深く角膜の透明性は良好でadjustも十分に行うことが出来た。