iseminar.net アイセミナー 関西眼疾患研究会

  1. 角膜
  2. 手術ビデオ
  3. Regraft(全層角膜移植)

当サイトは会員の方のみ閲覧いただけます。

Regraft(全層角膜移植)

島崎潤 (東京歯科大学市川総合病院)

Posted Jul 2018
264 Views
疾患名:角膜移植後、浮腫

 この方は、恐らく原病はCHEDと思われ、これまで2回の角膜移植を行われているが内皮機能不全となった為今回再移植を行った。手術に先立ち、やや球後麻酔の効きが悪かった為テノン嚢下麻酔を追加した。前回のgraftの直径を測定したところ標準的な7.75mmと思われた為、そのサイズでgraftを打ち抜いた。host-graft接合部の瘢痕が少なかった為、鈍的にこれを全周開き10時の位置で前房に入りカッチン剪刃で全周切除した。硝子体圧がやや高く虹彩が一部脱失したがコアビトレクトミーを行う程ではないと判断し、手早くgraftをのせ、4針の仮縫合、次いで型の通り24針の連続縫合を置いた。graftの状態は良好であり、十分にadjustも行うことが出来た。術終了時前房は深く、リークもなく乱視も少ない状態であった。